RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
3Dキャドソフト情報〜ARCHITREND Z(アーキトレンド ゼット)
3Dキャドの情報です。

ARCHITREND Z(アーキトレンド ゼット)は、福井コンピュータ社が自社開発・販売を行っている、WindowsOS上で動作する純国産の3次元建築専用CADソフトウェアである。 1987年にシリーズ初代となるArchi-TRENDとして発表された後、1990年にArchi-TREND-11、1996年にARCHITREND 21、2005年にシリーズ4世代目となるARCHITREND Zと進化をたどり、現在の国産建築CADで最も普及しているものの一つとなっている。

ARCHITREND Zは、主に日本国内の住宅設計(在来工法・2×4工法・S/RC工法)における業務効率化のための機能が充実しており、間取りプラン(平面図)から自動生成される立体モデルデータを軸に、各工法に準じた詳細図面作成や設計計算、CGパースや法規シミュレーションなど、住宅設計の一連の作業に必要とされる機能を実装している。また、すべての作業にデータがリンクしているため、整合性の高い住宅設計が行えるといった特長を持っている。
author:jwcadho, category:-, 21:45
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:45
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://jwcadho.jugem.jp/trackback/5